文学

村上春樹さんのおすすめ本を紹介します【ノーベル賞に近い作家の名作をお伝えします】

こんにちは、読書好きのジョーです。

この記事では、以下のような人にお応えしたいと思います。

この記事を読む人のニーズ

  • 村上春樹さんの名作の中でどれが一番読んでおくと良い本だろうな?
  • 村上春樹さんのおすすめ本がどんな本か知りたいな

「村上春樹さん」について、おすすめ本を知りたい人もきっといますよね。

僕自身も、大ファンですので、どれもおすすめ本だったりしますが、いくつかのサイトをパトロール(?)して、厳選してみました。

ですので、この記事では「村上春樹さんのおすすめ本を紹介します【ノーベル賞に近い作家の名作をお伝えします】」と題して、「村上春樹さん」についてのおすすめの本についてご紹介していきます。

それでは、さっそくみていきましょう!

村上春樹さんのおすすめ本

それでは、ここから「村上春樹さんのおすすめ本」についてご紹介して参ります。

おすすめのポイントとしては、以下ですね。

おすすめのポイント

  • ノーベル賞に近い作家の名作として数々のおすすめコメントを参考にピックアップ

それでは、以下で一つひとつご紹介して参ります。

村上春樹おすすめ本①:世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

こちらは、村上春樹さん初の長編小説でもあるおすすめ本ですね。

かなりの長編ですが、このパラレルワールドの村上春樹さんのやり方はかなりの読者を虜にしたと思います。

村上春樹さんの自伝的な部分もあるということなので、ぜひ読んでみてください。

村上春樹おすすめ本②:1Q84

こちらはかなり大ヒットしましたね。

こちらのおすすめ本は、1981年に描かれた短編小説「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」から派生した作品でもあるようですね。

BOOK1と2は、「2009年年間ベストセラー」総合1位を記録してます。

ぜひこちらも読んでみてください。

村上春樹おすすめ本③:ノルウェイの森

ノルウェイの森はかなり有名ですよね。

上下巻合わせて1000万部を超え、日本・中国でも大ヒットした作品です。

2010年には映画も公開され、村上春樹さんの代表作の一つですね。

まとめ:ノーベル賞に近い村上春樹さんの名作

いかがでしたでしょうか。

毎回ノーベル賞の時には話題になる村上春樹さんですけど、やっぱり受賞が待ち遠しいですよね。

まぁ、いちファンとしては、そんなことよりも、どんどん面白い作品を出してほしいというところもありますけどね。

今回は、「村上春樹さんのおすすめ本を紹介します【ノーベル賞に近い作家の名作をお伝えします】」と題してご紹介して参りました。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、次回もまた、お会いしましょう。