有名人

又吉直樹(ピース)おすすめ本厳選10冊!【芥川賞を受賞作家・芸人を育んだ名作を紹介します】

こんにちは、読書好きのジョーです。

この記事では、以下のような人にお応えしたいと思います。

この記事を読む人のニーズ

  • 又吉さんがおすすめしている本を知りたいな
  • 又吉さんが影響を受けたと言っている名著を知りたい

又吉さんって、芥川賞を取った後に知的なイメージがついて、その影響を受けた本を知りたいと思う人も増えていますね。

僕自身も、文学については今でも訓練していて(いつかは作家になりたい!)、こう言った作家さんのおすすめ本ってよくウォッチしてます。

ですので、この記事では「又吉直樹(ピース)おすすめ本厳選10冊!【芥川賞を受賞作家・芸人を育んだ名作を紹介します】」と題して、「」についてのおすすめの本についてご紹介していきます。

それでは、さっそくみていきましょう!

関連記事:ホリエモン(堀江貴文)のおすすめ本を厳選10選を徹底紹介!【時代を先取りする賢人から学ぶ生き方を身につける】

又吉直樹(ピース)おすすめ本厳選10冊!

それでは、ここから「又吉直樹おすすめ本厳選10冊」についてご紹介して参ります。

おすすめのポイントとしては、以下ですね。

おすすめのポイント

  • 特集で組まれるほど著名となった又吉さんのおすすめ本

それでは、以下で一つひとつご紹介して参ります。

杳子・妻隠(つまごみ)

「杳子」の言動にリアリティーを感じる作品でおすすめ本です。

「妻隠」は、体調を崩して会社を休み一週間家で静養している男の話ですね。

ありふれた日常が歪んで見えてくる、独特の世界観です。

沈黙

人間の無力さ、罪深さを痛感させる作品で、映画化もされましたね。

神の存在に対する新たな解釈を得られるのと、生きるということについてどう意義づけるべきか、考えさせてくれるおすすめ本です。

向き合わねばいけない一冊です。

一千一秒物語

タルホ作品の中でも人気のおすすめ本ですね。

たむらしげるさんがイラストを描いた絵本版『一千一秒物語』も人気があります。

トリツカレ男

自分自身の幸せにもつながるだろうし、相手やもっと広い他者への幸せにも、きっとつながるおすすめ本ですね。

素敵な未来につながるように、トリツカレ男を見習って、生きていきたいと思った一冊ですね。

きりぎりす

又吉さんは太宰ファンで有名ですね。

太宰治がなぜこんなに女の気持ちを掴んでいくのか、不思議に思うおすすめの一冊ですね。

主人公が、不満のポイントを抑えており、それをリズム感のよい言葉で批判してくれるので、読んでいてすっきりする気持ちになりますね。

エロ事師たち

ただのエロ小説と思っていましたけど、肩の凝る小説や、美文や描写の美しい小説に退屈している人にはおすすめ本ですね。

そんなにエロくない、文学作品。

ギャップと描写がかなり独特の世界観を与えてくれますね。

午後の曳航

大人の常識では計り知れない少年たちの世界の秩序を描いているおすすめ本です。

悪魔的なこの少年の秩序、義理父が英雄でないことへの残酷な裁き。

覗き穴からのぞいた母と男の情交から始まるこの作品は、独特のオープニングですね。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

僕もこの作品は大好きですね。

二つの物語が交互に語られていく構成になっています。

”ハードボイルド・ワンダーランド”でドキドキしながら場面を楽しみ、“世界の終わり”で過去の村上作品らしさが味わえるおすすめ本です。

阿部一族・舞姫

「舞姫」の内容は、森鴎外の事のようですね。

この話には、後日談があり、森鴎外のドイツ留学帰国4日後に、小説のエリスと思われる
ドイツ人女性エリーゼ・ヴィーゲルトが来日しているみたいですね。

森鴎外は、情の深いところがあり、それは「高瀬舟」に書かれているように弟を安楽死
させたことが罪になるのかと問いかけるところも、センセーショナルなシーンですね。

文鳥・夢十夜

高校国語教科書に掲載されたことのある短編小説・講演・随筆を中心にした夏目漱石の作品集です。

解説として「夢十夜」を読むうえで必読の名評論も収録されていて、おすすめですね。

まとめ:芥川賞を受賞作家・芸人を育んだ名作を紹介します

いかがでしたでしょうか。

又吉さんって、お笑い芸人でもあり、芥川賞作家でもあり、マルチな才能を発揮する人の名作についてはやっぱり追っておきたいですね。

今回は、「又吉直樹(ピース)おすすめ本厳選10冊!【芥川賞を受賞作家・芸人を育んだ名作を紹介します】」と題してご紹介して参りました。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、次回もまた、お会いしましょう。